株主?投資家情報

ONO's Voice vol.1

2016年3月期決算を終了して

2016年3月期決算は、當社にとって、売上高、営業利益、経常利益 において、史上最高の數値を殘すことが出來ました。

この業績を殘すことが出來た一番の要因は、前期よりグループ入りしたパワーサプライテクノロジー株式會社の業績寄與となります。日系企業が高いシェアを持っている複合機?プロジェクター等の事務用機器向けのスイッチング電源を自社開発?設計している事業となります。我々にとって非常に重要であるのは、きちんとした技術を持ち、顧客の要望に応えることで、高い収益性を得ることが出來るということです。

今後も、このPS事業を伸ばすべく、EMSセグメントからの技術者の異動。PS事業がグループ內EMSへ試作?量産をオーダーする等の施策を取っております。



又、會社全體としても、好業績により體力がある內に、社內の構造改革を行うべく、前期にはEMS事業における構造改革による特別損失の計上を行いました。

この結果、最終利益は當初計畫を下回ってしまいましたが、より筋肉質な體制を作るべく決斷したものとなっておりますので、皆様のご理解を頂きたいと思います。

2017年3月期を迎えて

前期に行ったEMS事業における構造改革は、今期も継続していきます。

世界的な景気の減速感がある中で、品質を保持しながら安価に製造を行うことに特化しているEMS事業は、他の事業に先駆けて、體質改善を行い事業環境の大きな変化に対応出來る體制を構築する為です。

2016年を迎えて、臺灣の大手EMS會社が日本の総合家電メーカーを買収する等、メーカーとEMSの垣根が段々と無くなって來ています。弊社は、この様な動きに先駆けて、一年半前に電源メーカー機能をグループに取り込んで來ました。

今後も予期せぬ外部環境の変化が起こり得ることを想定し、構造改革 及び 事業構造の変革を行う為に、持株會社體制への移行検討を決議しました。今期は、これらの改革を行う為に、業績としては一旦踴り場を迎えることとなり、株主、取引先の皆様へは不安を與えてしまったかもしれません。然しながら、成長していく為に必要な第一歩と理解して頂けると助かります。

明るい話題としましては、ここまで先行投資を行って來た海外人材ビジネスが、ようやく刈り取りの時期を迎えて來ています。



今後も、人材サービス+EMS=製造アウトソーシング と 電源メーカーの両輪で、日本のモノづくりを支えるべく活動して參ります。

PAGE TOP

日本R级在线播放中文在线,亚洲国产精品电影人久久,成人看片黄a免费看,熟妇人妻无码中文字幕老熟妇